豊かな漁場として知られる宇和海

瀬戸内海と太平洋をつなぐ宇和海は、太平洋から黒潮が流れ込むため栄養素やミネラルが豊富。
黒潮の流れによって常に浄化された海は、魚にとって非常に恵まれた環境です。
そんな宇和海は複雑な入江を持つ典型的なリアス式海岸は絶好の養殖場です。

ほのかに柑橘が香る、いよかん真鯛

愛媛県の養殖真鯛の生産量は日本一(2015年現在で約3.5万トン)。
西日本有数の漁獲量を誇る八幡浜港に拠点を構える八幡浜漁協協同組合(以下、JF八幡浜と略)では、2000年に八幡浜漁協養殖ブランド推進協議会を立ち上げ、「いよかん真鯛」のブランディングに取り組んできました。
伊予柑食べて美味しくなったよ!
愛媛の顔である柑橘、なかでも「伊予柑」を鯛のエサに配合し、魚にご当地の風味をつけました。
ほんのりと柑橘が香るいよかん真鯛は、他に真似のできないオンリーワンの鯛です。

いよかん真鯛の特徴

◯ 伊予柑果皮のチカラにより
OPC(※1) ポリフェノール入りで抗酸化力がビタミンCの約20倍!ビタミンEの約50倍!
(※1)ぶどう種子抽出物
βクリプトキサンチンによる疾病リスクの低減も!

◯ 天然資源への依存度を低減したエサにより
環境に配慮し次世代へと続く持続可能な漁業の構築!
魚の美味しさを引き出し、健康で魚に!

真鯛

スズキもすくすく育っています!

宇和海が水温の関係等でスズキ養殖の適地になったことで、一気に生産が増えたスズキ。
2015年の八幡浜管内の水揚量は4万尾だったが、翌年は約3倍の11万尾に増加し、関東を中心に引く手数多の人気者になっています。
愛媛では鯛に比べ馴染みの薄い魚かもしれませんが、出世魚で、縁起がよく、江戸時代以来の高級魚のひとつ。
マダイやヒラメにも劣らない美味な白身魚です。

スズキの特徴

◯ 身は透明感のある白身
身質は「鯛」に似てやわらかくあっさり!

◯ 皮にも旨味があり!

◯ ビタミンAの含有量が多い! そのほかビタミンDも比較的多く含まれます(特に皮の部分)!

スズキ

それなのに、新型コロナの影響で丹精込めて育てられた魚たちが、旬を逃そうとしています。
このままでは水産業界、中でも養殖業の経営継続が困難な状況になってきます。
ぜひ、宇和海で育った最高にお美味しいお魚を食べて、応援してください!

八幡浜産の「いよかん真鯛」と「スズキ」をつかったレシピを紹介!
「いよかん真鯛&スズキ レシピBOOK」は
こちらからダウンロードできます。